本文へスキップ
 匠の世界
清吹の間(せいすいのま)
透かし彫り
水をあしらった欄間彫刻が四季を彩る。
春  花筏
夏  水文
秋  菊水
冬  雪輪窓
壱是の間(いっしのま)
格式のある書院座敷の様相を備え、畳をあげれば能舞台へとかわる。
鳳凰の透かし彫り
松竹梅のあしらいが竹、引き手が松と梅
霞月の間(かげつのま)
瓢透かし彫り
蝙蝠の引き手